腰痛や肩こりなど、身体のお悩みは松本市 ほっと元町治療院に

私にとっての「鍼治療」の意味とは?

2021年02月22日
数年前から通われている30台のBさんは、現在生後10ヶ月の子供を育てな
がらの毎日を過ごしています。

先日も、「頸と肩の凝りが強くなってしまって」との訴えで来院されました。
基本的に鍼治療と全身マッサージを合わせたコースで施術をさせていただいてい
るBさんです。

「こほのところ時々頭痛もするので、頸といっしょに頭蓋骨の付け根にも
鍼を打っていただけますか?」とのことだったので、早速俯せになっていただき、頭蓋
骨・首筋・肩にかけての凝っている筋肉に対する鍼治療から始めました。

施術を行いながら日々の生活について伺うと、初めての子育てということで、不
安や苦労を漢字ながらも、「子供のために」と一生懸命がんばっているBさんの
様子が伝わってきました。

「育児や家事に追われているとここに来たくてもなかなか時間が取れなくて」と
おっしゃるBさんですが、例え来院回数が少なくても、私の鍼治療とマッサージ
をいつも喜んで受けてくださるので、感謝の気持ちでいっぱいになります。

「実は、ここに通う前に1度だけ別の治療院で鍼を受けたことがあるんですが、
その時は気になる箇所の表面近くをほんの少し刺激されるくらいで終わってしま
って満足感が得られませんでした。でも先生の場合は触られてそこだと辛さを感
じている箇所に鍼先がピンポイントで当たるので、すごく効く感じがします」

とBさんは話し手くれました。
そこで改めて私の鍼治療に対する考え方をお伝えしました。

「鍼治療に対する考え方や治療の仕方が先生方によって違うのは当然かもしれ
ません。ただ私は特に指が入らないほど硬くなってしまった筋肉というのは、まず、
その指が届かない所の緊張を取らないと症状が改善しないと思っています。なの
で私は体表だけで無く奥深い所の凝りに達するくらいまでは鍼を入れます。そう
することで、がちっとしていた筋肉が大本から解れ結果的に痛みがかいぜんされ
ます。凝りの奥を緩めてこその良さが鍼治療にはあると私は思っています」

話し終えた後の、「そういえば私も全く鍼を知らなかった時はただ怖い物だと
思っていたことを思い出しました。でも凝りや痛みで悩んでいる方には是非1
度試してもらいたいです」言うBさんの言葉に、思わずうれしくなりました。

現在痛みや凝りなどでお困りの方をお一人でも多く鍼とマッサージによって元
気にさせていただくべく、これからも治療を続けていきたいと気持ちを新たにし
た一時でした。

体の痛み、お悩みなどお気軽にお問い合わせ下さい!

ページの先頭へ

Information

女性専用
ほっと元町治療院
〒390-0803
長野県松本市元町1-3-18
肩や頚の凝り、腰やお尻の痛みなどでお困りの方は、松本市【ほっと元町治療院】までご相談ください。
ご予約はこちらから ※当院は完全予約制です 0263-34-5867 受付時間 9:00~17:00 木曜・日曜定休
メールフォームはこちら
メールは24時間受付中です