腰痛や肩こりなど、身体のお悩みは松本市 ほっと元町治療院に

腰痛改善に欠かせないお尻と足へのマッサージ

2021年11月30日
今回は、2年ほど前から腰痛改善のため、月に1度のペースで通われている50代のMさんのおはなしです。

一言で「腰」といっても背中のすぐ下からお尻の内側にかけてまでとその範囲は広いので、お一人お一人に対して痛む箇所を細かくお聞きしながら施術にあたっていますが、Mさんの場合はウェスト付近を中心としたその周囲の筋肉に痛みと固さが強くみられました。

毎回、その部位に時間をかけながら全身マッサージをすると、最近はぎっくり腰を起こすこともなくなり、実際施術を終えると硬かった筋肉も緩むので、これまではずっとこの施術をつづけていました。

ところが先日の来院時にいつものように体調を伺うと、「ここのところ寒くなってきたせいか、腰を前に曲げにくいなと感じる日々が続いています。
靴下をはくのも苦労だし、ここ数日は腰ではなくて足に体重をかけた時に両方の股関節がぐきっとなりそうな違和感があって不安です」というMさんからの返事が返ってきました。

施術前に左右の足の付け根でいわゆる鼠径部を触察すると、私が軽くその部を押しただけでも悲鳴のような痛みを訴えるくらいにがちがちに硬くなっているのが分かりました。
したがってその日は、とにかく腰からお尻・足全体に絞っての下半身マッサージのみを行うことにしました。

具体的にはうつ伏せと仰向けになっていただき、腰からお尻・足先へというように順番にマッサージを進めていきます。
思っていたとおり、腰はもちろん、左右のお尻から太股そして膝下から足首にかけて存在している多くの筋肉がぱんぱんに張っていました。
施術中Mさんが、「足がぽかぽかして血が通ってきたかんじがする」とおっしゃっていたのも印象的でした。

施術時間の多くをお尻と足に使い、両足の裏までしっかりと解した後に改めて腰を診察すると、腰自体へのマッサージをそれほど行わなかったにもかかわらず、施術開始時にはかなり硬かった腰がだいぶ軟らかくなっているのを感じました。
腰の筋肉を押しながら固さを確かめている私にMさんが、「押されても痛くありません」とおっしゃった感想からもそれは明らかでした。

腰痛改善には、もちろん腰への施術が不可欠です。
しかしそこだけではなく、腰と繋がっているお尻や足を緩めることにより、さらに痛みを取り除くことが可能です。
多くの方が自覚はされていませんが、実際に腰痛でお越し頂くと、お尻や足が凝っているなと感じることが少なくありません。

治療を終えると、硬かったMさんの鼠径部も軟らかくなり、痛みも減っていました。
「来た時よりも腰を前に曲げやすくなったし足も前に出しやすくなりました。これで靴下もスムーズにはけそうです」
そう言って安心した様子で帰られたMさんに対して、これからも下半身への施術を重視しながらの腰痛治療を続けていきたいと強く思わせていただきました。

体の痛み、お悩みなどお気軽にお問い合わせ下さい!

ページの先頭へ

Information

女性専用
ほっと元町治療院
〒390-0803
長野県松本市元町1-3-18
肩や頚の凝り、腰やお尻の痛みなどでお困りの方は、松本市【ほっと元町治療院】までご相談ください。
ご予約はこちらから ※当院は完全予約制です 0263-34-5867 受付時間 9:00~17:00 木曜・日曜定休
メールフォームはこちら
メールは24時間受付中です