腰痛や肩こりなど、身体のお悩みは松本市 ほっと元町治療院に

体のメンテナンスが健康な毎日に繋がります

2022年03月09日
ランニングが趣味で看護師として働かれている40代のAさんは、仕事や趣味による心身の疲労改善を目的に1年ほど前から定期的に通われています。
そのAさんは、先日行われた東京マラソンに出場され、その後のメンテナンス希望で昨日来院されました。
「両足全体が太股を中心にばきばきになってしまいました」とAさん。
通常は頚や肩に対しても施術を行うのですが、その日はいわゆるスポーツの後の疲労改善を目的に、左右の臀部から足全体に絞り治療をさせていただきました。

やはり、お尻から鼠径部そして太股から足先にかけて存在する多くの筋肉が広範囲にわたりかなり硬くなっているのが分かりました。基本的には下半身全体へのマッサージを行いましたが、中でも特に固さの強くみられた左右の太股裏側と外側の筋肉に対しては、鍼治療も追加しました。

「マラソンはいかがでしたか?」。施術しながら伺うと、Aさんは次のように話し手くれました。
「コロナの影響で2019年以来久々のフルマラソンに参加したのですが、無事に完走できたことがまずうれしかったです。
でも驚いたのは、走った後の足の状態です。もちろんかなりの疲労感は出ましたが、それでも以前ほど辛いものではありませんでした。コロナの前には月1くらいのペースでマラソン大会に出たりしていて、その頃も時々は体のマッサージを受けたりはしていたのですが、今回走ってみてつくづく鍼を中心とした定期的な体のメンテナンスがいかに重要なのかを実感しました」。

治療を進めていくにつれて、来院時に硬かったお尻や足は、少しずつ解れていきました。
施術を終えると、「来た時よりズボンをはく時も足が上がりやすくなりました」とうれしそうに帰られたAさん。
Aさんの感想を聞き、いくつになっても体のメンテナンスが結果的には健康な日々に繋がるのだと改めて思わせていただきました。

体の痛み、お悩みなどお気軽にお問い合わせ下さい!

ページの先頭へ

Information

女性専用
ほっと元町治療院
〒390-0803
長野県松本市元町1-3-18
肩や頚の凝り、腰やお尻の痛みなどでお困りの方は、松本市【ほっと元町治療院】までご相談ください。
ご予約はこちらから ※当院は完全予約制です 0263-34-5867 受付時間 9:00~17:00 木曜・日曜定休
メールフォームはこちら
メールは24時間受付中です